気象庁 青森。 青森地方気象台

青森県で震度5弱を観測 気象庁「2、3日程度大きな地震に注意」

青森 気象庁

☯ 今回地震が起きた岩手県沖では、1995年(平成7年)にもマグニチュード7. さらに、24時間体制で海上保安庁が発表する緊急情報や気象庁発表の気象警報・注意報などを、事前に登録されたメールアドレスに配信するも提供しています。 市町村(東京特別区は区)を原則としますが、一部市町村を分割して設定している場合があります。 海の安全情報は、主にインターネットで提供しており、特に、スマートフォンのGPS機能を利用して、現在地周辺の情報や気象・海象の現況、海上安全情報など様々な情報が地図画面上で一目で分かるも運用しています。

9

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

青森 気象庁

❤ 金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはないでしょう。

気象庁

青森 気象庁

✇ 大阪、広島では、まもなくピークが始まる見込みとなり、名古屋・東京では3月上旬から中旬にピークとなる予想です。

7

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

青森 気象庁

💔 地図の管区名をクリックするとその地域の情報を確認することができます。

5

青森地方気象台

青森 気象庁

😔 四国でも全域でピーク時期に入り、3月上旬まで続くでしょう。 【飛散量に関する言葉の説明】 非常に多い :前シーズン 例年 の200%以上 多い :前シーズン 例年 の150%以上200%未満 やや多い :前シーズン 例年 の110%以上150%未満 前シーズン 例年 並 :前シーズン 例年 の90%以上110%未満 やや少ない :前シーズン 例年 の70%以上90%未満 少ない :前シーズン 例年 の50%以上70%未満 非常に少ない :前シーズン 例年 の50%未満 ----------------------------------------------------------- 前シーズン :2020年シーズン飛散量 例年 :過去10年 2011~2020年 の平均値 【2020年夏の気象に関する言葉の説明】 平年 :1981~2010年の平均値. 気象庁の観測によりますと、震源の深さは48キロで、この地震による津波はありませんでした。

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

青森 気象庁

😔 地方予報区 府県予報区 北海道地方 東北地方 関東甲信地方 東海地方 北陸地方 近畿地方 中国地方 四国地方 九州北部地方 山口県を含む 九州南部・奄美地方 沖縄地方 太実線で囲まれた区域が一次細分区域を表し、囲み文字でその名称を記しています。 気象特性、災害特性及び地理的特性により府県予報区を分割しています。 スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。

11

青森県で震度5弱を観測 気象庁「2、3日程度大きな地震に注意」

青森 気象庁

✍ 2の地震が起きるなどふだんから地震活動が活発な地域だ。 金沢・仙台のピークは例年並みで、3月中旬から下旬にかけてとなるでしょう。

6