二葉 あき子。 二葉あき子 / 青春歌年鑑 [戦前編] 4 昭和15年~20年 (2枚組 ディスク2)

二葉あき子さん死去 96歳 「フランチェスカの鐘」 広島市出身

あき子 二葉

🤪 「」(1940年1月発売、共唱:)• 「屋台の女」(1952年1月発売)• 第6回では代表曲の一つである「バラのルムバ」で紅組トリを務めるなど、渡辺はま子・淡谷のり子・・笠置シヅ子と並ぶ創世記の紅白を代表する女性スターでもあった。

9

二葉あき子とは

あき子 二葉

❤ 戦前から活躍した女性歌手では最後の人」。 長年にわたる業績をしのんだ。

フランチェスカの鐘

あき子 二葉

💓 「涙の三人旅」(1937年9月発売、共唱:・)• 自らの原爆、戦争体験を胸に平和を願う気持ちを歌声に乗せ、多くの人に届けてきた。

二葉あき子 / 青春歌年鑑 [戦前編] 4 昭和15年~20年 (2枚組 ディスク2)

あき子 二葉

😊 映画やドラマのテーマソングではなく、特にレコード歌謡として、1947年(昭和22年)に菊田に書いてもらったもので、古関は「」などで忙しく、1年くらい過ぎた頃、の根村ディレクターから催促され、一気呵成に書き上げたという。 「黒いパイプ」(1946年9月発売、共唱:)• しかし、やがては息子の作になる曲を孫のピアノ伴奏で歌う幸せも得た。

13

フランチェスカの鐘

あき子 二葉

✔ 「あの花この花」(1940年2月発売)• 教師時代も上京して学校用教材のレコードを吹込んだ。

5

二葉あき子

あき子 二葉

✊ 「こゝろ月の如く」(1947年10月発売)• 「古き花園」(1939年6月発売)• 「純情の丘」(1939年8月発売)• 2008年(平成16年)にが、アルバム『SONGS うたが街に流れていた』でカバーした。 「黒いパイプ」(1946年9月発売、共唱:)• 「嘆きのルムバ」(1949年2月発売)• 「嗚呼北白川宮殿下」(1940年12月発売、共唱:)• 「屋台の女」(1952年1月発売)• 「夜のミロンガ」(1952年11月発売)• しかし、やがては息子の作になる曲を孫のピアノ伴奏で歌う幸せも得た。 「別れても」(1946年10月発売)• 「とてもセンチなタンゴ」(1948年3月発売)• 「モロッコから来た女」(1951年9月発売)• 第10回は放送の『』の中で、二葉の歌も含め全編がされた(音声はモノラル)。

15