鉄道 唱歌。 ボニージャックス 鉄道唱歌 歌詞&動画視聴

鉄道唱歌(山陽、九州)

唱歌 鉄道

⚡ 大月駅に下り立ちて 南へ馬車の便を借り 富士の高嶺の雲分けて 千古の雪を踏みや見む• こゝは 桓武 ( くわんむ )の 御 ( み ) 門 ( かど )より 千有 ( せんいう ) 餘 ( よ ) 年 ( ねん )の 都 ( みやこ )の 地 ( ち ) 今 ( いま )も 雲 ( くも ) 井 ( ゐ )の 空 ( そら )たかく あふぐ 清 ( せい ) 凉 ( りやう ) 紫 ( し ) 宸殿 ( しいでん )• 線 ( せん ) 路 ( ろ ) 分 ( わか )るゝ 三 ( み ) 角港 ( すみかう ) 出 ( い )で 入 ( い )る 船 ( ふね )は 絶 ( た )えまなし 松橋 ( まつばせ )すぎて 八代 ( やつしろ )と 聞 ( き )くも 心 ( こゝろ )のたのしさよ• 多治見に下車の旅人は 土岐の川辺の虎渓山 東濃一の勝境に 杖曳くことを忘るるな• 甲斐絹産地で知られたる 郡内地方は此あたり 山の中なる大月に 水力電気の事業あり• 天 ( てん )に 泣 ( な )けども 天 ( てん ) 言 ( い )はず 地 ( ち )に 叫 ( さけ )べども 地 ( ち )もきかず 涙 ( なみだ )を 呑 ( の )みて 邊 ( へん ) 土 ( ど )なる こゝに 月 ( つき ) 日 ( ひ )をおくりけり• 見 ( み )るがまゝに 變 ( かは )りゆく 松 ( まつ )のすがた 岩 ( いは )のさま 前 ( まへ )に 立 ( た )てる 島 ( しま )ははや あとに 遠 ( とほ )く 霞 ( かす )みたり• 道 ( みち )は 磐 ( いは ) 城 ( き )をつらぬきて 常 ( ひた ) 陸 ( ち )にかゝる 磐 ( いは ) 城 ( き ) 線 ( せん ) ながめはてなき 海原 ( うなばら )は 亞米利加 ( あめりか )までやつゞくらん• 甲武二州の国境を 越ゆれば雲の上野原 四方津の嶺は我々として 翼をかえす鳥沢や• 少 ( すこ )しくあとに 立 ( た )ちかへり 徳山港 ( とくやまかう )を 船 ( ふな ) 出 ( で )して 二 ( に ) 十 ( じふ ) 里 ( り )ゆけば 豐 ( ぶ ) 前 ( ぜん )なる 門司 ( もじ )の 港 ( みなと )につきにけり• 末 ( すゑ )は 銚 ( てう ) 子 ( し )の 海 ( うみ )に 入 ( い )る 坂東 ( ばんどう ) 太 ( た ) 郎 ( らう )の 名 ( な )も 高 ( たか )し みよや 白 ( しら ) 帆 ( ほ )の 絶 ( たえ ) 間 ( ま )なく のぼればくだる 賑 ( にぎはひ )を• ありがとうございます。

鉄道唱歌・東海道

唱歌 鉄道

✊ 掛川 ( かけがは ) 袋 ( ふくろ ) 井 ( ゐ ) 中 ( なか ) 泉 ( いづみ ) いつしかあとに 早 ( はや )なりて さかまき 來 ( きた )る 天 ( てん ) 龍 ( りゆう )の 川 ( かは ) 瀬 ( せ )の 波 ( なみ )に 雪 ( ゆき )ぞちる• 遙 ( はるか )に 見 ( み )えし 富士 ( ふじ )の 嶺 ( ね )は はやわがそばに 來 ( きた )りたり 雪󠄁 ( ゆき )の 冠 ( かんむり ) 雲 ( くも )の 帶 ( おび ) いつもけだかき 姿󠄁 ( すがた )にて• 中野荻窪吉祥寺 境町より十余町 多摩上水の岸の辺は 桜ならざる里もなし• 風 ( かぜ )に 絲 ( いと )よる 柳 ( やな ) 井津 ( ゐづ )の 港 ( みなと )にひゞく 産物 ( さんぶつ )は 甘 ( かん ) 露 ( ろ ) 醤 ( じやう ) 油 ( ゆ )に 柳 ( やな ) 井 ( ゐ ) 縞 ( じま ) からき 浮 ( うき ) 世 ( よ )の 鹽 ( しほ )の 味 ( あぢ )• 註: この文書ではが使用されています。 docomo,softbankは、3gpを、auは3gを、iPhoneはmp4をダウンロードしてください。 淀 ( よど )の 川舟 ( かはぶね )さをさして 下 ( くだ )りし 旅 ( たび )はむかしにて またゝくひまに 今 ( いま )はゆく 煙 ( けむり )たえせぬ 陸 ( くが )の 道 ( みち )• 折しも左の畑中に 高く立ちたる記念の碑 東と西より進みたる 中央線の接続点• 五 ( ご ) 大堂 ( だいだう )を 右 ( みぎ )にして 瑞嚴 ( ずゐがん ) 寺 ( じ ) 〔 〕の 森 ( もり )ちかき 磯 ( いそ )に 船 ( ふね )は 著 ( つ )きにけり 暫 ( しば )しといふ 程 ( ほど )もなく• 粂路の橋に行く人の 下車する駅は稲荷山 継は篠井停車場 信越線の連絡点• 琵琶湖 ( びはこ )を 引 ( ひ )きて 通󠄁 ( とほ )したる 疏 ( そ ) 水 ( すゐ )の 工 ( こう ) 事 ( じ )は 南禪 ( なんぜん ) 寺 ( じ ) 岩 ( いは ) 切 ( き )り 拔 ( ぬ )きて 舟 ( ふね )をやる 知 ( ち ) 識󠄂 ( しき )の 進󠄁 ( しん ) 步 ( ぽ )も 見 ( み )られたり• 待ちに待ちたる中央の 鉄路もここに全通し 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ. 比良 ( ひら )の 高 ( たか ) 嶺 ( ね )は 雪 ( ゆき )ならで 花 ( はな )なす 雲 ( くも )にかくれたり 矢 ( や ) 橋 ( ばせ )にいそぐ 舟 ( ふね )の 帆 ( ほ )も 見 ( み )えてにぎはふ 波 ( なみ )の 上 ( うへ )• 汽 ( き ) 笛 ( てき ) 一聲 ( いつせい ) 新橋 ( しんばし )を はやわが 汽 ( き ) 車 ( しや )は 離 ( はな )れたり 愛 ( あ ) 宕 ( たご )の 山 ( やま )に 入 ( い )りのこる 月 ( つき )を 旅󠄁 ( たび ) 路 ( ぢ )の 友 ( とも )として• 涼しき夏の舟遊び 凍る湖上のスケートや 温泉の宿も心地よく 諏訪は四時の行楽地• 大高 ( おほたか )おりて 桶 ( をけ ) 狹間 ( はざま ) ゆきて 昔 ( むかし )のあととはん 熱 ( あつ ) 田 ( た )の 宮 ( みや )に 伏 ( ふ )しをがむ その 草薙 ( くさなぎ )の 神 ( かん )つるぎ• 國府津 ( こふづ )おるれば 電車 ( でんしや )あり 小田 ( をだ ) 原 ( はら ) 熱 ( あた ) 海 ( み ) 行 ( ゆ )くもよし 箱 ( はこ ) 根 ( ね ) 八 ( はち ) 里 ( り )の 山道󠄁 ( やまみち )も あれ 見 ( み )よ 雲 ( くも )の 間 ( あひだ )より• 『物産唱歌』『内地旅行唱歌』『神武天皇』 さて、この唱歌シリーズは非常に売れたため、大和田建樹以外の人間が似たような作品を大量に発表し、また多くの替え歌が流行しました。

10

鉄道唱歌とは

唱歌 鉄道

⚔ こげや/\いざ 船 ( ふな ) 子 ( こ ) 鏡 ( かゞみ )なせる 海 ( うみ )の 上 ( うへ ) 波 ( なみ )に 浮 ( うか )ぶ 八百 ( はつぴやく )の 島 ( しま )の 影 ( かげ )もおもしろや• 東 ( とう ) 寺 ( じ )の 塔 ( たふ )を 左 ( ひだり )にて とまれば 七條 ( しちでう )ステーシヨン 京都 ( きやうと ) 々々 ( /\ )と 呼 ( よ )びたつる 車掌 ( しやしやう )のこゑもなつかしや• 本州中部の分水嶺 鳥居峠のトンネルは 基面の高さ日本一 峠を越ゆれば木曽の谷• 色浅からぬ浅川の 紅葉林に日は落ちて 草より出でて入る月の 山の端近き与瀬の駅• 上真行 うえさねみち と多梅稚 おおのうめわか の作曲した2種類あり、多の曲が大流行した。 いわゆる「鉄道もの」や「旅行もの」は以下の通り。

13

鉄道唱歌・完全版

唱歌 鉄道

😁 明 ( あ )けなば 更 ( さら )に 乘 ( の )りかへて 山陽道 ( さんやうだう )を 進 ( すゝ )まゝし 天 ( てん ) 氣 ( き )は 明日 ( あす )も 望 ( のぞみ )あり 柳 ( やなぎ )にかすむ 月 ( つき )の 影 ( かげ )(終) この著作物は、1920年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、の期日(を参照)の時点でが著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域での状態にあります。

12

「鉄道唱歌」世界の童謡・唱歌無料ダウンロード

唱歌 鉄道

👐 は/\を代用した。 鐘 ( かね )の 音 ( ね )きくと 菅 ( くわん ) 公 ( こう )の 詩 ( し )に 作 ( つく )られて 觀 ( くわん ) 音 ( のん ) 寺 ( じ ) 佛 ( ほとけ )も 知 ( し )るや 千代 ( ちよ )までも つきぬ 恨 ( うらみ )の 世 ( よ )がたりは• [倉田喜弘] 『高取武著『増補追録歌でつづる鉄道百年』(1981・鉄道図書刊行会)』 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説. つかれてあびる 武 ( たけ ) 雄 ( を )の 湯 ( ゆ ) みやげにするは 有 ( あり ) 田 ( た ) 燒 ( やき ) めぐる 車輪 ( しやりん )の 早 ( はや ) 岐 ( き )より 右 ( みぎ )にわかるゝ 佐世保 ( させほ ) 道 ( みち )• 青柳茅野に上諏訪よ 左は諏訪湖冬ならば 我もスケート試みん 右には温泉諏訪神社• 作詞:春江堂書籍より• 木曾路出でて坂下や 東美濃なる商業地 中津は恵那の麓にて 紙すく業ぞ知られたる•。 しのぶもじずり 摺 ( す )り 出 ( い )だす 石 ( いし )の 名所 ( めいしよ )も 程近 ( ほどちか )く 米澤 ( よねさは )ゆきの 鐵道 ( てつだう )は 此町 ( このまち )よりぞ 分 ( はか )れたる• 右 ( みぎ )は 高輪 ( たかなわ ) 泉岳 ( せんがく ) 寺 ( じ ) 四 ( し ) 十七 ( じふしち ) 士 ( し )の 墓 ( はか )どころ 雪󠄁 ( ゆき )は 消󠄁 ( き )えても 消󠄁 ( き )え 殘 ( のこ )る 名 ( な )は 千載 ( せんざい )の 後 ( のち )までも• 薮原駅の名物は 今もお六の玉くしげ あけなば云わで山吹の 古城は花の名のみなり• 坂下よりは飛騨海道 木曽路を後に中津駅 左に恵那山右に大井 電車に乗れば岩村町• はや上松の里過ぎぬ 結びて行かん風越の すそ野の尾花穂に出でて まねくは雪の駒が嶽• 信飛二州に跨りて 天そそり立つ御嶽や 登山の男女群がりて 夏は賑わう雲の嶺• 桔梗ヶ丘の古戦場 満目荒涼風寒く 北信満峰巍々として 深志の城は目に近し• 七度 ( なゝたび )うまれて 君 ( きみ )が 代 ( よ )を まもるといひし 楠公 ( なんこう )の いしぶみ 高 ( たか )き 湊 ( みなと ) 川 ( がは ) ながれて 世々 ( よゝ )の 人 ( ひと )ぞ 知 ( し )る• 中央線鉄道唱歌 [ ]• 掛川 ( かけがは ) 袋 ( ふくろ ) 井 ( ゐ ) 中 ( なか ) 泉 ( いづみ ) いつしかあとに 早 ( はや )なりて さかまき 來 ( きた )る 天 ( てん ) 龍󠄂 ( りゆう )の 川 ( かは ) 瀨 ( せ )の 波 ( なみ )に 雪󠄁 ( ゆき )ぞちる• 扇 ( あふぎ )おしろい 京都 ( きやうと ) 紅 ( べに ) また 加茂 ( かも ) 川 ( がは )の 鷺 ( さぎ )しらず みやげを 提 ( さ )げていざ 立 ( た )たん あとに 名 ( な ) 殘 ( ごり )はのこれども• 汽 ( き ) 車 ( しや )に 乘 ( の )りても 松島 ( まつしま )の 話 ( はなし )かしまし 鹿 ( か ) 島臺 ( しまだい ) 小牛田 ( こゞた )は 神 ( かみ )の 宮 ( みや )ちかく 新 ( につ ) 田 ( た )は 沼 ( ぬま )のけしきよし• 表記は歴史的仮名遣とし、漢字制限はJIS X 0208に文字が収録されていれば元の漢字をそのまま使った。

19

鉄道唱歌

唱歌 鉄道

🤪 三留野は古き殿作り 秋の与川の月冴えて 浮世の外の眺めさえ 塵をいといし湯舟沢• 水戸 ( みと )と 金澤岡山 ( かなざはをかやま )と 天 ( てん ) 下 ( か )に 三 ( み )つの 公園 ( こうゑん ) 地 ( ち ) 後樂園 ( こうらくゑん )も 見 ( み )てゆかん 國 ( くに )へ 話 ( はなし )のみやげには• 帝󠄁國第 ( ていこくだい ) 二 ( に )に 位 ( くらゐ )して 商󠄁工 ( しやうこう )さかゆる 大阪 ( おほさか ) 市 ( し ) 安治 ( あぢ ) 川口 ( かはぐち )に 入 ( い )る 舟 ( ふね )の 煙󠄁 ( けむり )はたゆるひまもなし• 小笠原家の興廃を ここに定めし古戦場 永井の坂に武士の 夢の跡をや弔わむ• 川中島や善光寺 巡る名どころ数尽きて 又立帰る塩尻の 駅より道は西南• 右 ( みぎ )は 高輪 ( たかなわ ) 泉岳 ( せんがく ) 寺 ( じ ) 四 ( し ) 十七 ( じふしち ) 士 ( し )の 墓 ( はか )どころ 雪 ( ゆき )は 消 ( き )えても 消 ( き )え 殘 ( のこ )る 名 ( な )は 千載 ( せんざい )の 後 ( のち )までも• 同類の唱歌は各地に生まれ、1911年の『山陰線鉄道唱歌』に至るまで、全国の鉄道が歌い上げられた。 同年中に〔2〕山陽・九州、〔3〕東北・北関東、〔4〕信越・北陸、〔5〕関西の各編も出版されたが、地理教育や交通知識の普及に役だつところから非常に歓迎された。

ボニージャックス 鉄道唱歌 歌詞&動画視聴

唱歌 鉄道

🙂 汽 ( き ) 車 ( しや )より 逗子 ( づし )をながめつゝ はや 橫 ( よこ ) 須賀 ( すか )に 着 ( つ )きにけり 見 ( み )よ 軍港󠄁 ( ぐんかう )の 雄大 ( いうだい )を げに 東海 ( とうかい )のしづめなり• 舞 ( まひ ) 子 ( こ )の 松 ( まつ )の 木 ( こ )の 間 ( ま )より まぢかく 見 ( み )ゆる 淡 ( あは ) 路 ( ぢ ) 島 ( しま ) 夜 ( よる )は 岩 ( いは ) 屋 ( や )の 燈臺 ( とうだい )も 手 ( て )に 取 ( と )る 如 ( ごと )く 影 ( かげ )あかし• 父 ( ちゝ )やしなひし 養老 ( やうらう )の 瀧 ( たき )は 今 ( いま )なほ 大垣 ( おほがき )を 三 ( さん ) 里 ( り )へだてゝ 流 ( なが )れたり 孝 ( かう ) 子 ( し )のほまれともろともに• 淨 ( じやう ) 土 ( ど ) 西國千 ( さいこくせん ) 光 ( くわう ) 寺 ( じ ) 寺 ( てら )の 名 ( な )たかき 尾道 ( を の みち )の 港 ( みなと )を 窓 ( まど )の 下 ( した )に 見 ( み )て 汽 ( き ) 車 ( しや )の 眠 ( ねむり )もさめにけり• 世 ( せ ) 界 ( かい )にその 名 ( な )いと 高 ( たか )き 馬 ( ば ) 關 ( くわん ) 條約結 ( でうやくむす )びたる 春 ( しゆん ) 帆樓 ( ぱんろう )の 跡 ( あと )とひて 昔 ( むかし )しのぶもおもしろや• 山崎 ( やまざき )おりて 淀川 ( よどがは )を わたる 向 ( むか )ふは 男 ( をとこ ) 山 ( やま ) 行幸 ( ぎやうかう )ありし 先帝 ( せんてい )の かしこきあとぞ 忍 ( しの )ばるゝ• 粟 ( あは ) 津 ( づ )の 松󠄁 ( まつ )にこと 問 ( と )へば 答 ( こた )へがほなる 風 ( かぜ )の 聲 ( こゑ ) 朝󠄁 ( あさ ) 日 ( ひ ) 將 ( しやう ) 軍 ( ぐん ) 義仲 ( よしなか )の ほろびし 深 ( ふか ) 田 ( た )はいづかたぞ• 車輪 ( しやりん )のめぐり 速 ( すみやか )に 千住大橋右 ( せんぢゆおほはしみぎ )に 見 ( み )て 環 ( たまき )の 端 ( はし )の 限 ( かぎり )なく ふたゝびもどる 田 ( た ) 端驛 ( ばたえき )• 八幡宮 ( はちまんぐう )の 石段 ( いしだん )に 立 ( た )てる 一 ( ひと ) 木 ( き )の 大 ( おほ ) 鴨脚樹 ( いてふ ) 別當 ( べつたう ) 公 ( く ) 曉 ( げう )のかくれしと 歴 ( れき ) 史 ( し )にあるはこの 蔭 ( かげ )よ• 東北一 ( とうほくいち )の 都 ( と ) 會 ( くわい )とて 其 ( その ) 名 ( な )しられし 仙臺 ( せんだい ) 市 ( し ) 伊達 ( だて ) 政宗 ( まさむね )の 築 ( きづ )きたる 城 ( しろ )に 師 ( し ) 團 ( だん )は 置 ( お )かれたり• 都を出でてなまよみの 甲斐にはめでし富士の嶺 諏訪の湖木曾の谷 美濃の名所も訪れぬ• 比良 ( ひら )の 高 ( たか ) 嶺 ( ね )は 雪󠄁 ( ゆき )ならで 花󠄁 ( はな )なす 雲 ( くも )にかくれたり 矢 ( や ) 橋 ( ばせ )にいそぐ 舟 ( ふね )の 帆 ( ほ )も 見 ( み )えてにぎはふ 波 ( なみ )の 上 ( うへ )• 汽笛一声我が汽車は はや離れたり飯田町 牛込市ヶ谷堀の端 四ツ谷出づれば信濃町• 日清戰爭 ( につしんせんさう )はじまりて かたじけなくも 大君 ( おほきみ )の 御 ( み ) 旗 ( はた )を 進 ( すゝ )めたまひたる 大本營 ( だいほんえい )のありし 土地 ( とち )• 夏 ( なつ )はすゞみの 四 ( し ) 條橋 ( でうばし ) 冬󠄀 ( ふゆ )は 雪󠄁 ( ゆき ) 見 ( み )の 銀閣 ( ぎんかく ) 寺 ( じ ) 櫻 ( さくら )は 春 ( はる )の 嵯峨御 ( さがお ) 室 ( むろ ) 紅 ( もみ ) 葉 ( ぢ )は 秋 ( あき )の 高 ( たか ) 雄 ( を ) 山 ( さん )• 尾濃の平野末広し 両雄陣を対しつつ 一兵血ぬらず勝川や むかしを忍ぶ小牧山• 疊 ( たゝみ )おもての 備 ( びん ) 後 ( ご )には 福山町 ( ふくやままち )ぞ 賑 ( にぎ )はしき 城 ( しろ )の 石垣 ( いしがき )むしのこす 苔 ( こけ )にむかしの 忍 ( しの )ばれて• 煙草の産地竜王や 韮崎駅の車窓より 新府の址を弔いつ 登る日野春小淵沢• 煙 ( けぶり )を 水 ( みづ )に 横 ( よこ )たへて わたる 濱 ( はま ) 名 ( な )の 橋 ( はし )の 上 ( うへ ) 袂 ( たもと )すゞしく 吹 ( ふ )く 風 ( かぜ )に 夏 ( なつ )も 殘 ( のこ )らずなりにけり• 綴 ( つゞら ) 湯 ( ゆ ) 本 ( もと )をあとにして ゆくや 泉 ( いづみ )の 驛 ( えき )の 傍 ( そば ) しるべの 札 ( ふだ )の 文字 ( もじ )みれば 小名 ( こな ) 濱 ( はま )までは 道一 ( みちいち ) 里 ( り )• 立川越えて多摩川や 日野に豊田や八王子 織物業で名も高く 中央線の起点なり• 作曲:春江堂書籍より• 三 ( み ) 島 ( しま ) 驛 ( えき )には 官 ( くわん ) 幣󠄁 ( ぺい )の 三 ( み ) 島 ( しま ) 神社 ( じんしや )の 宮 ( みや ) 居 ( ゐ )あり 伊豆 ( いづ ) 鐵道󠄁 ( てつだう )に 乘 ( の )りかへて 一 ( ひと ) 夜 ( よ ) 泊 ( とま )らん 修善 ( しゆぜん ) 寺 ( じ )に• 中山道 ( なかせんだう )と 打 ( うち )わかれ ゆくや 蓮田 ( はすだ )の 花 ( はな )ざかり 久喜 ( くき ) 栗橋 ( くりはし )の 橋 ( はし )かけて わたるはこれぞ 利根 ( とね )の 川 ( かは )• 浦 ( うら ) 和 ( わ )に 浦 ( うら )は 無 ( な )けれども 大宮驛 ( おほみやえき )に 宮 ( みや )ありて 公園 ( こうゑん )ひろく 池 ( いけ )ふかく 夏 ( なつ )のさかりも 暑 ( あつ )からず• 沼 ( ぬま ) 津 ( づ )の 海 ( うみ )に 聞 ( きこ )えたる 里 ( さと )は 牛臥 ( うしぶせ ) 我 ( が ) 入道󠄁 ( にふだう ) 春 ( はる )は 花󠄁 ( はな )さく 桃 ( もゝ )のころ 夏 ( なつ )はすゞしき 海 ( うみ )のそば• 建見名方の神霊は 神宮寺の上社 日本第一軍神と 崇めまつるぞ尊けれ• 故 ( こ ) 郷 ( きやう )のたより 喜々津 ( きゝつ )とて おちつく 人 ( ひと )の 大草 ( おほくさ )や 春 ( はる ) 日 ( び ) 長 ( なが ) 與 ( よ )のたのしみも 道 ( みちの ) 尾 ( を )にこそつきにけれ• むかしながらの 山 ( やま ) 櫻 ( ざくら ) にほふところや 志賀 ( しが )の 里 ( さと ) 都 ( みやこ )のあとは 知 ( し )らねども 逢坂山 ( あふさかやま )はそのまゝに• 出 ( い )でてはくゞる 隧道󠄁 ( トンネル )の 前󠄁 ( ぜん ) 後 ( ご )は 山北 ( やまきた ) 小 ( こ ) 山驛 ( やまえき ) 今 ( いま )もわすれぬ 鐵橋 ( てつけう )の 下 ( した )ゆく 水 ( みづ )のおもしろさ• 山崎 ( やまざき )おりて 淀川 ( よどがは )を わたる 向 ( むか )ふは 男 ( をとこ ) 山 ( やま ) 行幸 ( ぎやうかう )ありし 先帝󠄁 ( せんてい )の かしこきあとぞ 忍󠄁 ( しの )ばるゝ• 七度 ( なゝたび )うまれて 君 ( きみ )が 代 ( よ )を まもるといひし 楠公󠄁 ( なんこう )の いしぶみ 高 ( たか )き 湊 ( みなと ) 川 ( がは ) ながれて 世々 ( よゝ )の 人 ( ひと )ぞ 知 ( し )る• 磯 ( いそ )にはながめ 晴 ( は )れわたる 和田 ( わだ )のみさきを 扣 ( ひか )へつゝ 山 ( やま )には 絶 ( た )えず 布引 ( ぬのびき )の 瀧 ( たき ) 見 ( み )に 人 ( ひと )ものぼりゆく• 見 ( み )よや 徳川家康 ( とくがはいへやす )の おこりし 土地 ( とち )の 岡崎 ( をかざき )を 矢 ( や ) 矧 ( はぎ )の 橋 ( はし )に 殘 ( のこ )れるは 藤吉郎 ( とうきちらう )のものがたり• 琴 ( こと )ひく 風 ( かぜ )の 濱松󠄁 ( はままつ )も 菜󠄁 ( な ) 種 ( たね )に 蝶 ( てふ )の 舞坂 ( まひさか )も うしろに 走 ( はし )る 愉󠄁 ( ゆ ) 快 ( くわい )さを うたふか 磯 ( いそ )の 波 ( なみ )の 聲 ( こゑ )• 王 ( わう ) 子 ( じ )に 着 ( つ )きて 仰 ( あふ )ぎみる 森 ( もり )は 花 ( はな ) 見 ( み )し 飛鳥 ( あすか ) 山 ( やま ) 土器 ( かはらけ )なげて 遊 ( あそ )びたる 江戸 ( えど )の 名所 ( めいしよ )の 其一 ( そのひと )つ• 明 ( あか ) 石 ( し )の 浦 ( うら )の 風景 ( ふうけい )を 歌 ( うた )によみたる 人麿 ( ひとまろ )の 社 ( やしろ )はこれか 島 ( しま )がくれ こぎゆく 舟 ( ふね )もおもしろや• 松 ( まつ ) 戸 ( ど )をおりて 國府 ( こふ )の 臺 ( だい ) ゆけば 一 ( いち ) 里 ( り )に 足 ( た )らぬ 道 ( みち ) 眞間 ( まゝ )の 手兒名 ( てこな )が 跡 ( あと )といふ 寺 ( てら )も 入 ( いり ) 江 ( え )ものこるなり• 左 ( ひだり )にゆかば 前橋 ( まへばし )を 經 ( へ )て 高崎 ( たかさき )に 至 ( いた )るべし 足利 ( あしかゞ ) 桐生 ( きりふ ) 伊勢 ( いせ ) 崎 ( さき )は 音 ( おと )に 聞 ( きこ )えし 養蠶 ( やうさん ) 地 ( ち )• この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においての状態にあります。 神崎 ( かんざき )よりは 乘 ( の )りかへて ゆあみに 登 ( のぼ )る 有 ( あり ) 馬 ( ま ) 山 ( やま ) 池 ( いけ ) 田 ( だ ) 伊 ( い ) 丹 ( たみ )と 名 ( な )にきゝし 酒 ( さけ )の 産 ( さん ) 地 ( ち )も 通 ( とほ )るなり• 日 ( につ ) 光 ( くわう ) 見 ( み )ずは 結構 ( けつかう )と いふなといひし 諺 ( ことわざ )も おもひしらるゝ 宮 ( みや )の 樣 ( さま ) 花 ( はな )か 紅葉 ( もみぢ )か 金襴 ( きんらん )か• 大森 ( おほもり ) 蒲 ( かま ) 田 ( だ ) 川崎 ( かはさき )や 鶴 ( つる ) 見 ( み )もいつかあとにして 東 ( ひがし ) 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 立 ( た )つ 汽 ( き ) 車 ( しや )の 行 ( ゆ )くてはそれよ 八王 ( はちわう ) 寺 ( じ ) 〔 〕• 前 ( まへ )は 海原 ( うなばら )はてもなく 外 ( と )つ 國 ( くに )までもつゞくらん あとは 鐵道一 ( てつだうひと )すぢに またゝくひまよ 青森 ( あをもり )も• 秋風 ( あきかぜ ) 吹 ( ふ )くと 詠 ( えい )じたる 關所 ( せきしよ )の 跡 ( あと )は 此 ( この )ところ 會 ( あひ ) 津 ( づ )の 兵 ( へい )を 官 ( くわん ) 軍 ( ぐん )の 討 ( う )ちし 維 ( ゐ ) 新 ( しん )の 古 ( こ ) 戰 ( せん ) 場 ( じやう )• おもへば 夢 ( ゆめ )かときのまに 一百五 ( いつぴやくご ) 十 ( じふ ) 里 ( り )はしりきて 神 ( かう ) 戸 ( べ )の 宿 ( やど )に 身 ( み )をおくも げに 文明 ( ぶんめい )のたまものぞ• 千代 ( ちよ )に 八千代 ( やちよ )の 末 ( すゑ )かけて 榮 ( さか ) 行 ( ゆ )く 御代 ( みよ )は 長崎 ( ながさき )の 港 ( みなと )にぎはふ 百 ( もゝ ) 千 ( ち ) 船 ( ぶね ) 夜 ( よ )は 舷燈 ( げんとう )のうつくしさ• 「鉄道唱歌」世界の童謡・唱歌無料ダウンロード 鉄道唱歌 多梅稚の「鉄道唱歌」のmidi,3gp,3g2,mp4形式の音楽ファイルが無料でダウンロードできます。

7